2007年10月05日

不動産投資物件を購入するリスク

 不動産投資物件を購入するという行為は、投資である、ということを理解しておきましょう。投資にはリスクは付きものです。しかし不動産投資物件を購入することで起こりうるリスクをしっかりと知っておくことでリスク回避は可能です。不動産投資物件を購入することに対するリスクを理解しておきましょう。

 不動産投資物件を購入して、その不動産投資物件の大家さんになったとします。しかし家賃が全額収入になるわけではありません。不動産屋に管理を頼めば管理費が発生します。固定資産税も発生します。またアパート経営は常に満室を維持できるものではありません。空室になることもありますので、単純に満室時に得られる家賃収入を考えてはいけません。

 とくに空室発生リスクは、不動産投資物件の最大のリスクといってよいでしょう。

 不動産投資物件のリスクを回避するためにはこれらの管理費、空室発生状況などを考えて、それらの経費を差し引いて、手元にいくら残るかを考えるべきです。表面的に手に入る家賃ではなく、手取りでいくらもらえるかを基準にする必要があります。

 不動産投資物件の空室発生リスクは、不動産投資物件を購入する前に、どのように住人を募集するかという戦略をいかに考えておくかにかかってくると思います。

 不動産投資物件の中でリスクを回避できるものはいくつあるのでしょうか?もしかしたらそんな物件はないのかもしれません。素人考えや、誰かの入れ知恵で不動産投資物件を購入してしまい、結局再度売却しなくてはならなくなった例などもあります。

 不動産投資物件購入は投資だということを把握した上で、不動産投資に臨みましょう。
タグ:リスク 空室
posted by 不動産投資マニア at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。