2007年10月04日

不動産投資物件を購入する際の目安


不動産投資物件を購入するためには、その投資が成功するかどうかを見極めなければなりません。見極める方法としてはいくつかあると思いますが、一般的にはこのように言われています。

不動産投資物件を購入する際の目安としては、

・購入すると確実に家賃収入が見込める不動産である。
→借り手がつくことが確実に見込める物件であるかどうか?借り手の立場になって考えてみましょう。
・少ない自己資金でローンを組み購入しても、月々の返済は家賃収入でまかなえる。
  →これを把握しておくことで、借り手がつけばどのくらいの時間でペイできるか、把握しておくことは本当に大切です。
・諸費用を支払っても、ある程度の現金が手元に残る。
  →購入のローン以外にも、不動産の管理には絶対にさまざまな諸費用がかかります。その諸費用にどのくらいかかり、ある程度の現金を手元に残すことができるか、把握しておきましょう。

こういった条件に当てはまる不動産投資物件を見つけ出すことが重要です。

 不動産投資物件は文字通り投資です。少ない自己資金で購入し、家賃収入が継続的に入ってくることで、少なくとも10年以内には投資リスクが最小になり、更に数年先には投資資金が全て回収できることを目標にするべきです。

 投資はリスクがつき物ですが、しっかりとしてポイントとビジョンを持って不動産投資物件を探すことで回避できることもあります。

 不動産投資物件を投資として戦略を練り、その投資法を継続して行うことにより、不動産投資物件を増やしていきます。そしてこの不動産投資物件から得られるキャッシュフローで全ての収入をまかなうことが出来れば大成功です。

 実際に不動産投資物件からの収入だけで生活している人も大勢いますが、そうなるためにも不動産投資物件を購入する際の目安をキチンと把握しておくようにしましょう。
posted by 不動産投資マニア at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。