2008年07月23日

不動産投資の、メリットとデメリットを他の投資と比べてみる

 不動産投資のメリット、デメリットといえば、どういったことでしょうか。それを、他の投資と比べてみましょう。

 投資といえば一番に思いつくのは株式投資でしょう。株式投資は不動産投資に比べれば気軽に始めるが出来ます。最近はミニ株投資などもできるようになり、数万円から投資をすることが出来ます。

 不動産投資に関しては、株式投資と比べなかなか簡単にはいきません。

 株式投資のように数万円で済むはずもなく、一番手ごろに購入できる不動産投資物件の中古のワンルームマンションでさえ数百万円はするでしょう。普通の人では気軽に購入することは出来ません。

 不動産投資と違って株式投資はネットがつながる環境がありさえすれば、必要書類を取り寄せて申し込むだけで、証券会社の窓口に行くこともなく口座開設が可能です。


 しかし不動産はそうかんたんにはいきません。お金があっても、すぐに窓口で購入することは出来ません。不動産投資物件を探すのも大変ですし、不動産を自分の所有にするには登記をしなければいけません。不動産投資をはじめるには様々な手間と、多大な労力を必要とします。

 こういった、敷居の高さが、不動産投資のデメリットでしょうか。

 では、不動産投資物件を購入した後はどうでしょう。

 株式投資は一度株式を取得してしまえば、あとは株価をチェックするぐらいともいえるでしょうが、価格の上下変動があまりにも激しく、とても放っておくわけにはいかないケースが多いでしょう。

 特に、デイトレードのように、小額でも利益を確定させていくスタイルをとった場合は、かなり労力がかかります。

 不動産投資の場合はきちんとした管理会社に管理を任せて、入居者がきちんと確保できれば意外と手間はかかりません。不動産投資物件は購入するまでは大変ですが、購入した後はそんなに労力は使いませんので、株式投資より不労所得的な側面が大きいのがメリットと言えるかもしれません。
posted by 不動産投資マニア at 23:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
儲け話に興味ありませんか。今から数時間後に5万円が貴方の口座に振り込まれます。ノーリスクで稼げるこのチャンスをぜひご覧ください
Posted by 儲け話 at 2009年10月31日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。