2008年09月17日

不動産投資における土地の重要性

スポンサードリンク

 不動産投資物件で一番お得な物件はどんなものなのでしょうか、考えてみましょう。

 日本の不動産評価の実態から考えると、土地付きの物件に勝るものはありません。日本の不動産評価は未だに土地本位制です。簡単に言えば土地に建っている建物は付録に過ぎません。

 不動産投資物件は日本の不動産評価が土地本位なため土地付きの建物を購入するほうが良いということになります。

 ところで何故日本ではそこまで土地にこだわるのか、ご存じでしょうか。それは土地は唯一減価償却しないものだからです。銀行は構築物にはほとんど担保価値をおいていません。

 不動産投資物件を購入する際には、必ずといっていいほど銀行からの融資を受けることになります。そのため銀行が担保価値をみている土地を持っているのといないのとでは融資額が雲泥の差になります。銀行は土地に比べて建物に対しては異常なほど安く評価する場合もあります。

 不動産投資物件に対しても銀行の土地本位の評価は変わりません。もしここで土地付きの中古アパートを購入したらどうなるでしょう。すでに建物は中古のため評価価格はほとんどないでしょう。つまり土地付き中古アパートは建物付きでも土地だけの金額で購入できるのです。不動産投資物件を購入するなら土地付き中古アパートがよいでしょう。
posted by 不動産投資マニア at 01:55 | Comment(27) | TrackBack(2) | 不動産投資

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。